40代からは素直に甘えて、もっともっと可愛く生きていこう♪

自分で頑張ることに慣れ過ぎて、他の道はない!なんて思い込んでいませんか?

先週日曜日、
ひょんなことから?

自家製グラノーラを焼き始めた私


(メイプル味バージョン)


(ココア風味バージョン)

朝から昼まで
ずっと焼いていると

なんだかちょっぴり火がついたように
楽しくなってきて

そんな私をみて

「えっ、そんなに焼くのーーー!?」
「それ、利益あるの??」なんて主人がいうから

めっちゃ笑顔で
「ほぼ。。。ないっ!」って笑って答えた。

半分笑いながら(あきれて?)
「えらいね~」なんて言ってくれて

ちょっぴりほっこりな休日

お昼も過ぎて、

「お蕎麦でも食べにいこうかっ?」
なんていいながらおでかけ。


(お昼は近所のしらく亭へ)

昼食後、買い出しを兼ねてショッピングモールへ

”最近、ゆっくり服を見る時間もなかったなぁ”なんて思っていたら

「ちょっと好きなの見てきたら?」

息子がいるとゆっくり見れないだろうからって、
主人と息子とは別行動。

”こういう時間ってすっごく満たされる”

可愛いもの&綺麗なもの
やっぱり大好きなんですよねっ。

みているだけでも
だんだんテンションも上がってきて

いいアイデアがふっと湧いてきたり

”女の子”っていいなぁって
やけにしみじみ感じたり…。

40歳過ぎても
50ー60代になっても

なんだろう?

”女の子”っていう言葉に
反応できる女性でいたいなぁなんてさえ思う。笑

40代からは”委ね上手”&”甘え上手”になろう。

ちょっと古い話になるけれど
動物占いが流行っていた頃

自分が”黒ひょう”と知って
ちょっぴりうれしいくらいに感じていた10代

”カッコよく&スマートに生きたい”
そんな女性に憧れていたんだと思う。

だからかな?

実際、中学&高校時代の私は
女子からのほうがモテるタイプだった。

”可愛い”という言葉にやけに抵抗を感じたり
”カッコイイ”という言葉のほうがうれしかったりした10代。

でも、

20代-30代

ライフスタイル&ライフステージなんて
言われるものが変わってきて

以前、こんな記事も書いていますが
↓  ↓  ↓
◎40代になった今でも、私の”憧れの女性”は20代の時と同じ…

目指す女性の像は”カッコイイ”だけではおさまらない。

そして、

40代に入り1年1年の
”心の変化&体の変化”って自分が思っているより
ゆったりではないんだーーー!!ってことも知る。笑

今年、アラフォーが
”ラストの年”ということもあって

50代の生き方&あり方に
自分自身も向き合うことが多くなった。

”私の未来”をイメージした時

”健康”&”自分らしく美しく”あるためにも
必要だと感じているのが

人に”委ねる力”&”甘える力”
40代からは特に意識して育てていくほうがいいってこと。

〇自分でできても”お願い”って、甘えることであったり
〇誰かがやってくれるなら”よろしく”って、素直に委ねたり
〇できないことは”できない”と、いうことであったり
〇やってくれるということに”ありがとう”と、素直に受けとることだったり  etc

自分しかいない?自分でやるしかない!の思い込みを投げ捨てる。

一人暮らしや自分で頑張ることが長すぎていませんか?
弱音を吐いてはいけないと思い込み過ぎていませんか?

自分でやるほうが早い&楽と思っていたり…
変に負けたくないと競う必要もない相手と張り合い過ぎたり…

私も振り返ると
”あるある”だったなぁって思う。

2020年も気付けば半分過ぎていて
残り半年になっている。

今年の目標ってなんだったかな?
なんてことすら忘れてしまって

手帳も振り返ってみたけれど

自分がこれから
もっと、もっと幸せになっていいのなら??

”自分ですべてやらねばならない!!”
なんて硬すぎる頭は、本当にいらないなぁって思えて

主人や家族&仲間にも
素直に甘えて&委ねていこうっ!!って思えた。

そんな私へ
まるでご褒美のようにふってきたワンピース!?

↓  ↓  ↓

洋服やアクセサリーって基本
自分のものは、”自分で買うべし!”

そんな思い込みも、
私にはずっとあったようで…笑

自分で買えない=あきらめる(しかない)
っていう思考パターン。

私が何も買わずに
主人&息子と合流した時

「いいのなかったの?」って聞いてくれた主人に
「うーん、あったんだけど…。ちょっと一緒に見てくれる?」そう言えた。

試着しながら

「ママちゃん、可愛いーー!!」って言ってくれる息子
「着れたんだね~(入ったんだね!)いいんじゃない。」なんて言う主人

(やっぱりこれほしいーーー!!って思って)

「買って下さいっ」って、にっこり頭を下げる私に
「似合ってたから、いいんじゃないっ」って、すんなりレジへ

なんだか主人の背中が
ちょっぴり嬉しそうにみえた。

”自分で買える”っていううれしさ
”買ってもらえる”っていううれしさ

どちらも私にとって
”うれしい”ことではあるけれど

”買ってもらえる”っていううれしさは
一人完結型ではなくて

”喜び”×”感謝”の気持ちが循環するもの
でもあって、なんだか心の奥までポカポカした。

こんなに優しい気持ちなれるって
ことさえも私はどこか忘れていたんだと気が付いた。

傍にいる息子に
「ママちゃん、パパに買ってもらってよかったね!」って言われて

「うん、パパってカッコいいね!!」って言っていた私

以前の私はどこか
強く生きていかなければいけない世界だと思い込んで

大切な”可愛げ”をどこかに
”ぽんっ”とおいてきてしまっていたのかもしれない…

自分の居場所&自分の世界の住人は
”一人ではなかった”ということを忘れないでいたい。

一生懸命に頑張る自分も大切だけれど
”一人ではない”ということも思い出して

あなたの中にある”可愛げ”も一緒に育てていこうっ
”可愛げのある女性”は応援される人でもあるから。

==============

Instagramhttps://www.instagram.com/acocochi/
毎日を少し丁寧に、ナチュラルに、自分を大切に暮らしたくなるコラムを毎週金曜日配信しています。
LINE@【検索ワード:mxp0404h】にシェアしています。
施術のご予約・・・現在8以降ご予約受付です。
施術をご希望の方はLINEorお問合せからご連絡下さい。
食育:tsuki1cafe・・・7月の募集は満席となりました。
akisanpo.photoご希望の方はこちら一読願います(8月以降受付中)

関連記事

  1. 40代!? 無理なく、が意外にできそうでできない時・・・

  2. ナチュラル&シンプルケアでも”美肌”でいたい♪①40代の乙女…

  3. 40代、本当の豊かさを目指すなら♪ライフスタイルに合わせた”…

  4. 40代になった今でも、私の”憧れの女性”は20代の時と同じ……

  5. stayhomeで、得たものってなんだろう?

  6. 紫外線&日焼け対策はあらゆる角度からが大切!!